門前薬局勤務の薬剤師が転職すること

薬剤師として門前薬局に勤めていたが転職を考える

薬剤師として門前薬局に勤めていたが転職を考える諸条件が良かったドラッグストアに転職経験も積め在宅医療での活動にも期待できる薬剤師の転職事情について。

医療機関そばに開業している門前薬局で働いていましたが、近隣にも同じような薬局が多くあってなかなか競争が激しくなっているようでした。
そのため給料や手当などがあまり増えず、薬剤師の求人もなかなかないみたいで人手不足もあって自分の勉強なども思ったようにはかどらない状況になってしまいました。
ここで学べることも少なくなり、処遇面の関係もあって転職を考えるようになったわけです。
医療と介護などの福祉の連携が言われるようになって久しいですが、今の勤務先ではそこまでは考えていないようでした。
それとなく患者さんの自宅での服用に関する状態チェックとか、あるいは生活状況などから総合的に考えることが出来るような、そうした薬剤師でありたいと思っている自分です。
こうしたことから転職について真剣に考えるようになって、では実際に近隣での就労はさすがに今の職場に失礼かと思い、近隣の市町村などで自分の条件に合致していると思えるところを探す流れとなりました。
ただ従前通りの門前薬局では同じことの繰り返しになるとの思いから、在宅医療などに積極的になっているところあるいは門前薬局そばの医療機関の処方箋が中心になりそうなところを避けるようにして考えたわけです。
そうなると条件的に合致しそうなのはドラッグストアで調剤部門を併設しているところかつ在宅介護などにも理解がありそうなところ、こうしたところが存在していたので応募する運びとなりました。